読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Unityでインディゲーム道!

プログラム、Unity初心者がインディゲーム制作を目指して日々思うことなどを書き綴ります。

コードを書くまでの"5"つの手順メモ

UnityのためのC# プログラミング

 

自分なりに考えた、コードを書くに至るまでの道筋をより簡潔にまとめました。コードを読むということは、コードを表層的に読むのではなく、その前の部分を読み取っていくことが大切なのだと思います。

  

プログラミングの流れ

 

・まずは要件定義!

何がしたいのか。どんな問題があり、解決したいのか?どんな制約があるのか?

  

・ファクタリング "factoring" する。

抽象化の逆?factoringは数学的に言えば、因数分解。じゃあコンピュータにおける因数分解とは何だろう? つまりは、物事の仕組みを解析して、各要素に分解するということだと思います。

 

 ・プログラミングにおける道具を選ぶ。

プログラミングにおいて、どの道具を使うべきかは誰も教えてくれない。そういう意味では自由度高い。高すぎる! どの道具を使うべきか、自分で考える。  

変数はどれくらい必要なのか?それとも配列を使った方がいいのか?

同じような処理を繰り返すけど、for文while文どっちがいいのか?というようなことです。適切な道具を選ぶ、ということです。

 

・ロジックを組み立てる。筋道を立てる。

その道具をどう使うか、ということを論理的に組み立てる。擬似コードで書き出してみたり、図表を描いてみたりして、とにかく目に見える形にしてみる。

 

・実際にコードを書く!

以上の準備を持って、積み上げてきたものをコードへと落とし込む。準備したとはいえ、そのまま一回で成功するわけはないので、その後の試行錯誤も大事!

 

 

まとめ

実際のコードというものは、結果でしかなくプログラミングという作業における一部分に過ぎないということ、それを表層的に読むだけではコードを読んだとは言えない、ということがだんだんわかってきました。

この流れを意識して、Unity関連のサンプルコード等を読み込んでいって、さらに学んでいきたいと思います!!