Unityでインディゲーム道!

プログラム、Unity初心者がインディゲーム制作を目指して日々思うことなどを書き綴ります。

"正規表現"が面白い!!

正規表現という字面を見ると、なんだかお堅い感じがして尻込みしていましたが、分かってみるとこんなに便利なモノもないなと感動しました。

 

このページが分かりやすいです。

サルにもわかる正規表現入門 

やっぱ、2000年前後の個人の方が真面目に作ったページは面白いですね。 


 

 メタ文字と呼ばれる特殊な記号を使って文字列の形態を書き表すためのもので、パターン検索であったり、表記ブレにも対応できる、というものらしいです。(勉強中)

 例えば、ケータイの番号を検索したいなら、"\d{3}-\d{4}-"\d{4}という風に書き表すと、数字3桁ハイフン数字4桁ハイフン数字4桁で表記された、文字列を引っ張って来ることが出来ると。めっちゃくちゃ便利じゃん!!と驚嘆しました。

 

 ゲームなどで使うとなると、テキストの多いアドベンチャーゲームなのかなぁと初心者考えでは思うのですが、どうなんでしょうか。でも、単純に正規表現で出来ることは実務上でものすごい便利なので、プログラムを勉強し始めて一年越しではありますが、ここらでしっかり身につけようかなーと思います。

 

 一説によると、プログラムを勉強し始める前に正規表現を学んだほうがいい、という主張もあるそうです。ネットでチラチラと"正規表現"という単語を見てはいたんですが、プログラミング以外にも使えるようなのでもっと早くにやっとくべきだったなぁ、と少し反省・・・。

 というわけで、正規表現面白いなぁという日記でした。